"シンプルで乗り心地がいい"と誰もが感じるバイクを提案し続けます。

​プロダクトデザイナー K.Taiga